ふればなおちん|ドロドロの不倫マンガに疲れたら純愛の不倫

ふれなばおちん

引用:Amazon

本当にごくごく普通の主婦で、いつも家族のことだけを考えて生きている主人公の夏。

なので、自分の身なりにも無頓着過ぎて、娘にはいつもちゃんとした格好してと怒られてしまうほどです。

それでも夏は妻や母を優先して、女の部分なんてスッカリ忘れてしまっていたわけなのですが、そんな時に妻を誘惑して欲しいと自分の部下(佐伯)に頼む夫。

最初は上司の命令でと近づいていった筈なのに、いつしか夏と佐伯は恋に落ちてしまうというお話です。

不倫だけど不倫を感じさせない純愛

一番最後のシーンの夏と佐伯がホテルで落ち合っているところに夫が踏み込んで来たシーンは、ドキドキします。

そこで佐伯は上手く夏の夫に嘘をついて夏を守り、また夏に「なっちゃんも一世一代の嘘をつけ!」と夏に帰るように促すシーンはなんだか泣けましたね。

この一世一代の嘘という言葉の重さが本当に泣けました。

まさに純愛だなあと思えるマンガ。

夏も佐伯も本気でお互いに好きになるわけですが、最後の最後まで二人は一線を越えたりしませんでした。ただひっそりとお互いに寄り添いあって、ただひっそりとお互いのことを想い合って・・・というそんな恋愛で。

夏は最後まで妻も母も捨てなかったんです。そんな夏を最初から最後まで、ただただ立派だなと尊敬するばかりでした。

また佐伯が最後に事故で亡くなってしまったことで、更にこの純愛度は深まったように思えます。切ないんだけど、なんだか温かいというか、そんな漫画でした。

カテゴリー: マンガ タグ: , パーマリンク