あなたのことはそれほど|女性なら感情が動かされてしまう作品

あなたのことはそれほど

引用:Amazon

二番目に好きな人と結婚した主人公の女性がずっと思いを寄せていた人と偶然再会しまた恋におちていく話です。

2番目に好きな男(けれど夫にとっては自分が最愛の人)と結婚し、穏やかな生活を送っていた主人公が、学生時代に恋焦がれた相手に再会したことにより不倫関係がはじまってしまう。相手の男性も結婚していてW不倫になっていきます。

それにより、穏やかで自分を大切にしてくれる夫をかえてしまう。

また、その「恋い焦がれた相手」も、遊びのつもりだったにも関わらず、少しずつ深入りするようになり、子供の頃からの理解者でさまざまな思い出を共有している妻との関係もかわりはじめる。

主人公の女性の旦那さんは、妻が浮気しているのを知りながら気付かないふりをしたりと切なかったり、相手の男性の奥さんは勘がとてもするどく読んでいてハラハラします。
お互い家庭があるから別れようとしたりでも、また戻ったりとモヤモヤしたり切なかったりする物語です。

とにかく女子なら何らかの感情が動いてしまう作品

切ない反面、結婚している人ならイライラしたりといろんな感情が入り交じる話です。

「そこでそれしたらバレるじゃん。」などかなり感情移入してしまいます。

女性は、過去の男性をひきずったりすると思いますが、もし自分がこの主人公だったら不倫に走らない自信があるかなと思ってしまう作品。

また、自分が不倫されるがわだったらなど考えてしまうひともいると思います。

絵がとてもきれいで読みやすいし、なによりタイトルの語感がとてもよい。また、好きな人と結婚すればそれでいいのか?という女性が抱きがちな思いをいいあてており、こぎみよいです。

夫が不倫している夫婦は、幼い頃の簡単には言い表せない記憶を共有しているという背景の書き方がとてもよかった。人物に深みを与えるし、単純な不倫ものに収まらない面白さがあります。

シーンの切り取り方が印象に残る作品

主人公が再会からホテルに行って結ばれるシーンや主人公がすきではない相手に見せた一瞬の何気ない、でも嘘はない振るまいが、旦那になる人にとっては特別に輝いていた一時になったという瞬間の書き方は、キュンキュンする人・よかったと思う人やイライラしたりする人など感情を動かされる人は多いと思える作品です。

カテゴリー: マンガ タグ: , パーマリンク